コンプレックスがあってもモテる男いる

ブサイクや低身長、デブなどコンプレックスを持っている男性はたくさんいます。

しかし、このようなコンプレックスがあってもモテる男性はモテますよね?

なぜコンプレックスがあるのにモテて彼女もいるのでしょうか?

しかしそれはコンプレックスがあるからこそモテるのかもしれません。

例えば、

①自信満々で自慢の多い男

②謙虚で不器用な男

あなたはどっちを助けてあげたいと思いますか?

そうなんです。

なにかしらコンプレックスがあったほうが助けてあげたい、なにかしてあげたいと思うものなのです。

特に女性には母性がありますから余計にその傾向が強いのです。

よく「ダメな男ほどモテる」と言われますが、それはこれが理由です。

またコンプレックスがある人の中でモテる人とモテない人がいますが、その違いはなんでしょうか?

それはそのコンプレックスを受け入れているかどうか、です。

例えば自分が太っていることを自覚して受け入れている場合は、太っていることをネタにしたり笑いにしたり、イジられることを気にしません。

そういう人は愛嬌があり好感が持てるのです。

しかし太っているのにそれを認めず受け入れていない場合は太っていることをネタにされたら怒りますよね。

そういう人には好感は持てないものです。

つまりどんなコンプレックスがあったとしても、それを受け入れて相手にそのコンプレックスに気を使わせない男がモテるのです。

もしあなたにコンプレックスがあるのであればそれを受け入れてあえて自分からネタにしましょう。

そうすることで相手に好感を持ってもらうことができます。

▶︎おすすめのマッチングサービス3選